医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザーは様々な分野で利用されている最新治療と呼べる治療法です。近視矯正治療のレーシックやホワイトニング、下肢静脈瘤、歯周病、シミやホクロなどに利用され、安全で効果の高い治療法として確立されてきました。

このような医療レーザーは、脱毛でも高い効果を上げています。痛さと危険の伴う電気針で行うニードル脱毛法に代わるレーザー脱毛は、今や無くてはならない存在と言えるでしょう。 レーザーによる脱毛の仕組みは、メラニン色素に吸収され熱エネルギーを利用して、その毛根を破壊する方法です。レーザーと言う事で、皮膚への影響が気になるところですが、レーザーは皮膚には反応しないので安心して下さい。レーザーの波長は皮膚には反応する事無く、毛根だけを照射し破壊していきます。

また、レーザー脱毛は、エステサロンで行う光脱毛よりも、出力が強いために、脱毛時の痛みは、強くなります。特に痛みを感じる部分として、VIOラインと言われるデリケートゾーン、わき、ひじ下などは、特に痛みを感じやすい部分となっているので、我慢しなければいません。ですが、医療機関で行う医療脱毛であれば、麻酔をしてもらうと痛みを軽減する効果があるので相談すると良いでしょう。

医療脱毛を行う脱毛機は、いくつかの種類があります。従来の脱毛機よりも、1回の照射スポットは広くなり、照射時間も短くなると共に回数も減り、高速連続照射が可能なできるレーザー脱毛機出てきました。冷却技術の進歩により、痛みを抑えることも可能になっているようです。技術の進歩とともに、レーザー脱毛も進歩し続けています。

<<医療脱毛の口コミに関するまとめサイト>>
医療脱毛クリニックを纏めた情報サイトをご紹介させていただいています。
医療脱毛クリニック 口コミ